オパール(蛋白石)
Opal
名前(和名) オパール(蛋白石)
名前(英名) Opal
分類 ケイ酸鉱物
化学組成 SiO2・n(H2O)
結晶系 非晶質
硬度 5〜6
比重 1.9〜2.2
無色・白・黄・褐・赤・緑・青
外観 ガラス光沢〜樹脂状光沢を示す塊状。貝殻状の割れ目面。
劈開 無し
条痕
 オパール(蛋白石)は、水(H2O)を含む珪酸(SiO2)鉱物です。水を含有量は、温度・圧力・水の量などの生成環境により異なります。オパールは、結晶構造が無く非晶質の鉱物ですが、SiO2球状体と呼ばれる微細な珪酸の集合体が、ランダムに沢山存在しています。SiO2球状体の大きさは一定でなく、集合しても規則的に配列することは有りません。このような、構造が光の回折現象を起こし、虹色の遊色を作るとされています。
 オパールは、珪酸分に富む地下水が岩石の割れ目などに進入して岩石との相互作用により生成します。
 世界各地で産出し、オーストラリアとメキシコが世界二大産地として知られています。メキシコのオパールは火成岩に珪酸に富む熱水が作用して生成したものです。オーストラリアのオパールは、砂岩層に珪酸に富む地下水が作用して生成したもので、オパール化した化石も発見されます。日本では、福島県宝坂が産出地として有名です。
 ガラスのように透明で水滴のような産状を呈するオパールを玉滴石(Hyalite)と呼びます。ボルダーオパールは、母岩中に網目状の脈となっているオパールです。赤色を呈し、強い遊色が燃える炎のように見えるオパールは、ファイアーオパールと呼ばれます。カンテラオパールは、周辺の母岩を残してカットして研磨したオパールの呼び名です。
 

商品番号 OPL10309
標 本 名 オパール(エチオピア産)
産  地 Tsehay Mewcha, Welo, Afar Province, エチオピア
サ イ ズ 20×15×20mm 
価  格 ¥14,000
説  明 赤橙と黄緑色の鮮やかな遊色が綺麗です。視線と光線の方向で変化する色彩に引き込まれる可愛い標本です。

商品番号 OPL10315
標 本 名 オパール(エチオピア産)
産  地 Tsehay Mewcha, Welo, Afar Province, エチオピア
サ イ ズ 25×20×15mm 9g
価  格 ¥14,000
説  明 虹色の鮮やかな遊色が内部の瑪瑙の中に浮き出る様子がても綺麗です。視線と光線の方向で様々に変化する色彩に引き込まれる可愛い標本です。

商品番号 OPL4403  
標 本 名 カンテラオパール(メキシコ産)
産  地 Guadalajara, メキシコ
サ イ ズ 13×18×4mm 2g
価  格 ¥2,800
説  明 淡い肌色の母岩に囲まれた透明なオパールが綺麗です。赤色や黄緑の遊色が見えます。

商品番号 HYA4407   
標 本 名 玉滴石(オパール:ハンガリー産)
産  地 Monok, Zempleni Mts., Borsod-Abauj-Zemplen Co.,
ハンガリー
サ イ ズ 35×30×20mm 25g
価  格 ¥2,000
説  明 無色透明の滴のように綺麗な標本です。