Huaron鉱山の鉱物

 ペルーのHuaron鉱山は、リマの北東約300kmのセロデパス地区に位置し、銀、亜鉛、鉛などを産出します。1912年の開山以降、世界有数の銀の産出地として、ペルーの主要な鉱山の一つです。
 Huaron鉱山の鉱物標本は、針の様に細い水晶と、黄鉄鉱、黄銅鉱、閃亜鉛鉱などの金属鉱物のほか、方解石、菱マンガン鉱などが共生していることが特徴です。
 一つ一つの標本が、どれも個性豊かで、とても魅力的です。
 

商品番号 QPR1159 
標 本 名 水晶・黄鉄鉱・黄銅鉱・閃亜鉛鉱
産  地 Huaron鉱山 ペルー
サ イ ズ 55×50×45mm 160g
価  格 ¥2,200
説  明 黄鉄鉱・黄銅鉱・閃亜鉛鉱の母岩に、クリアな水晶の結晶が林立しています。

商品番号 QPR1003
標 本 名 水晶・閃亜鉛鉱・黄鉄鉱
産  地 Huaron鉱山 ペルー
サ イ ズ 55×65×30mm 210g
価  格 ¥3,200
説  明 光沢のある黒色の閃亜鉛鉱のなかに、白く透明な針状の水晶が花束の様に密生しています。