琥  珀
Amber
名前(和名) 琥珀 (コハク)
名前(英名) Amber
分類 天然樹脂化石
化学組成
結晶系 非結晶
硬度 2〜2.5
比重 1.05〜1.1
琥珀色、白色、黒色、赤色、黄色
外観 樹脂光沢、貝殻状断面
劈開 なし
条痕 白色
適用
 琥珀は、天然樹脂の化石です。樹木の樹液が、地中で固化し硬化したものです。宝飾品として多く利用されるほか、工芸品の表面保護剤(琥珀ニス)などに利用されます。
 ポーランドのクダンスク沿岸とロシアのカリ−ニングラード州が主な産地です。そのほか、りトアニア、ラトビアなどのバルト海沿岸、ドミニカ共和国などから産出します。我が国では岩手県の久慈途方が産出地として知られています。
 内部に昆虫や植物などが混入したものは、「虫入り琥珀」と呼ばれ、宝飾品として珍重されほか、琥珀内に封入された化石は通常では保存されない軟い組織まで残っていることが多いから、古生物学の方面からも重要視されます。
 装飾具としての琥珀の利用は旧石器時代までさかのぼることができ、約2万年前の遺跡から、穴が開けられた琥珀玉が出土しています。
 


商品番号 AMB8301
標 本 名 琥 珀
産  地 Gdansk, ポーランド
サ イ ズ 30×10×7mm
価  格 ¥2,200
説  明 濃い琥珀色の標本を、強い光のしたで眺めていると、細かな模様が見えてくるる可愛い標本です。透過光でみると、橙色に近い琥珀色がとても綺麗です。